8月のヤンバルクイナプレイバック調査

去った30日午前9時から行われたプレイバック調査では、校門近く約50m近くから鳴き返しがあり、デュエット(2羽)でした。また、かやうちバンタの駐車場でも、デュエットの鳴き返しがありました。久しぶりに聞いて何か嬉しく感じました。調査終了後に、別の場所で捕獲されたへび「あかまた」も見せてもらい、みんな大変興奮していました。    (田原記)


8月PTA作業 & 卓球レク

9月10日(日)の運動会に向けて、PTA作業が行われました。子ども達は、花植えです。運動会当日は、郷友会や大学生ボランティアが参加します。地域の方々のあっという間の作業に感謝です。草刈りから運動場整備、花段の準備とすごい動きです。婦人部のごちそうは、やはり最高でした。うどん・そば・ゴーヤー野菜・魚のみじゅん・ポーク・スイカ・パイン等々、提供有り難うございました。前日夕暮れ作業したPTA会長さんと、てっちゃんさんお疲れ様でした。ゴーヤー野菜天ぷらとスイカおいしかったですよ!



体育館で、卓球やバスケットのレクレーションをしました。子ども達を相手に大人はカット球を打ちます。子ども達も負けていません。



 


8月社会見学

8月、浦添市まで南下し、社会見学へ出かけました。大伸株式会社では、赤峰社長さんのお話しを聞いて「あいさつ」「すぐ動く」などの大切さを感じました。実際に冷凍食品がずらり並んでいる様子を見てびっくり!宜野湾市では、ソリューションでITについて学習しました。ロボットの脳を作っている話にまたびっくり!



夏休み 8月老人会交流

地域のお年寄りの方々は、毎月1~2回、体操やレクレーションをしています。北国っ子の5名は、お年寄りの皆さんのやわらかく温かい手に触れ、感謝していました。長生きして下さいね。



7月!バスケット交流

北国小5名、奥小2名、佐手小5名の計12名が、混成ミニバスケット交流に出かけました。行き先は、沖縄本島の中部、中城南小学校です。対戦相手は、泡瀬小・中城南小の女子チーム。相手の早いパスはすばらしい!こちらも、すぐにシュートすることにチャレンジです。結成して3ヶ月。沖縄本島の南へ向かい、環境の違う所も見にいきます。交流後は、博物館見学。「なぜ、県立博物館にヤンバルクイナとウミガメが展示されているの?」と、一年生の素朴な疑問に周りもうなずいていました。



 


 


アカウミガメとヤンバルクイナ

6月から8月にかけて子ども達は、学校周辺の野生生物に触れる機会が続きました。7月中旬は、地域ボランティア亀博士の嘉陽宗幸さん(日本ウミガメ協会会員)と共に、近くの浜辺へ出かけ、産卵の確認をし、別の場所では、卵がふ化する瞬間をとらえることができました。子ども達の感想は、「H29年度学校だより7月号-2」をご覧下さい。<新聞は、8月8日付け沖縄タイムス>





ヤンバルクイナの鳴き返し調査(プレイバック調査)を昨年データと比較すると、鳴き返しの減少が分かり、クイナは生息地を移動している可能性が出てきました。県道58号線に近い北国小は、クイナのロードキル防止(交通事故防止)のため、雑草を刈ったり、森林組合から頂いた木や木片(チップ)を敷いたりしています。「スピード注意!」の看板も準備しています。8月には、屋部土建さんが学校周辺の草刈りを申し出て下さいました。<新聞は8月3日付け週刊レキオ>