どんぐりの木20cm!

2月27日、校舎北側と南側にどんぐりを植えました。北側は3月31日で20cmほどになったものが3本、10cmほどになったものが4本になりました。2本は、風?いのしし?の影響か折れてしまいました。校舎南側は10cmほどが1本です。



平成29年度 修了式・離任式

3月、1年間の学びを終了した北国っ子は、とても成長しました。修了式で笑顔だったみんなも、離任式では、涙 涙・・・。高学年は、3年間勤めた田原先生にお礼の言葉をのべました。1・2年担任の前里先生のお話しを聞いて大泣きする2年生。事務で学校を支えて下さった大城先生を含め、3名の先生方が転勤です。先生方、お世話になりました。本当に有り難うございました。また、みんなに会いに来て下さいね。



3.11 防災にちなんで 

3月、7年前の東北大震災について考えました。国頭村の栄養教諭の先生は、岩手県の大槌町でボランティアをしたことがあり、校長先生もその頃、少しだけ大槌町ボランティアに関わったことがあり、偶然二人が国頭村にいます。自分達にむりなく何ができるか話し合うことにしました。栄養教諭の先生は、毎月、岩手料理を紹介し、食材を国頭で取れたものを使っています。「リュックの中身?」という授業の前に「大槌でのボランティアの様子」を学習し、命を助けるもの・大切なもの・役にたちそうなもの・みんながおちつくものを考えました。子ども達は「虫めがね」「絵本」「人形」「あめ」など挙げ、理由を話してくれました。



校長先生とお勉強・振り返り

1枚目が5月頃の子ども達、2~3枚目が2月頃の子ども達です。算数や読み聞かせで、自分なりの考えをを出すのに周りの様子を伺っていた子ども達も、日々、高学年に助けてもらったり、みんなの考えを聞いたりしているうちに、2月には、すぐ教材(絵本など)から発見したものを指さしたり、低学年どうしで考え合ったりすることができるようになりました。スゴイですね~。



感謝祭と二分の一成人式

3月、一年間を振り返り、お世話になった方々をお招きして感謝祭を行いました。児童手作りのサラダとササーターアンダギーで楽しく過ごしました。そして、4年生斉磨さんの二分の一成人式も行いました。赤ちゃんだった頃の写真を見ると10年の成長が感じられました。斉磨さんからお父さんへのお礼の手紙は、感動でした。