アカウミガメとヤンバルクイナ

6月から8月にかけて子ども達は、学校周辺の野生生物に触れる機会が続きました。7月中旬は、地域ボランティア亀博士の嘉陽宗幸さん(日本ウミガメ協会会員)と共に、近くの浜辺へ出かけ、産卵の確認をし、別の場所では、卵がふ化する瞬間をとらえることができました。子ども達の感想は、「H29年度学校だより7月号-2」をご覧下さい。<新聞は、8月8日付け沖縄タイムス>





ヤンバルクイナの鳴き返し調査(プレイバック調査)を昨年データと比較すると、鳴き返しの減少が分かり、クイナは生息地を移動している可能性が出てきました。県道58号線に近い北国小は、クイナのロードキル防止(交通事故防止)のため、雑草を刈ったり、森林組合から頂いた木や木片(チップ)を敷いたりしています。「スピード注意!」の看板も準備しています。8月には、屋部土建さんが学校周辺の草刈りを申し出て下さいました。<新聞は8月3日付け週刊レキオ>


 




 


 


算数授業

「清少納言のちえの板」を使って、校長先生と1~5年生全員で算数の授業をしました。まず、三角形と四角形を使って、パズルをします。課題は「ろうそく」ですが、2年生があっという間に仕上げ、周りはびっくり!「どうやって??」の質問に2年生は「形をぐるぐる回してくっつけていくとできる」「この三角形の二つ分がこの形だから」と話していました。なるほどと高学年の皆さんもチャレンジです。実は、その後が、ジャンプ課題。別日へ。




「前回の続きです。清少納言のちえの板の中から、みなさんがはかってみたい形を選び、広さをみつけましょう」という課題に、5年生は辺を調べ、計算を始めました。それを見た低学年は不思議でたまりません。1年生は校長先生から頂いた1平方センチメートルをものさしに、いくつ分あるか見当をつけ出しました。みんなでどうやって考えたか教え合うと、3年生はものさしを使って「△△cmだから1平方センチメートル△個だから・・・」と話し出し、4年生は「この形は三角形の二つ分だから・・・」とていねいに説明していました。



 


PTA作業・アブシバレー(ハーリー)

5月末、地域の皆さんも一緒にPTA作業を行いました。学校内があっという間にきれいになりました。草刈りの後、PTA婦人部の皆さんが、手作りのそば汁を用意して下さいました。




地域行事、アブシバレーでハーリーに参加しました。北国小チームは保護者も一緒にハーリー船をこぎました。最後までかけ声をかけゴールしました。



5月の来客・・・うっしーより①

平成29年ゴールデンウィークのお知らせを覚えていますか?自分の夢を書いた手作りこいのぼりを持ってきてもいいですよというお知らせと、うっしーにえさを与えて下さいといういうお知らせです。来ました!来客がたくさん来ました。ミニバスケット練習で来校した北国小と奥小の子ども達の他に、うっしーにえさをくれた子ども達や来客を紹介します。泡瀬・美里からきた皆さん、バスケット大好きのおじさんやお姉さん達、そして前校長の八重尾校長!うっしー、大喜びです。前足を高く上げてえさをゲットしていました。ところで、自分の将来の夢を書いた手作りこいのぼりは・・・まだこないなあ~。



北国小の来客は、季節によって変わってきますが、地域の皆さんと一緒に来客を迎えていますよ。4月は、ヤンバルクイナのつがいの鳴き声に始まり、ハブも目覚めてきます。イノシシやアマサギもやってきます。草木も花ざかり。ツツジにユリにハナショウブ、かなりでかく甘い桑の実に、赤いを超えるノイチゴの実。近くに大石林山にも紫色のイルカンダが咲き、ウリボウが出てきているようです。漁港のグルクンは、海の中にいるのがよく分かります。



5月・地域

H29年5月1日 通学路点検                                       地域の通学路点検で宜名真区をまわりました。先輩達から継続して作成された通学路地図で、安全かどうか確認してみたい所を1つ以上選び、ふた手に分かれてチェックし、どうして危険なのか考えたことをまとめました。



 


宜名真区紹介                                                4~5月は、海ガメさんがよく見られる宜名真区。宜名真区公民館の向かいにある海で満潮時によく出会うことができます。子ども達の中にも見つけた子がいます。宜名真公民館は、宿泊が可能です。一泊大人1000円。詳しくは、宜名真公民館へお問い合わせ下さい。




H29年5月4日  奥のこいのぼり祭り                                   ヤンバルクイナのお話しを一番前で聞いているのは、北国小の5名。北国小のヤンバルクイナ鳴き返し調査をサポートして下さる環境省の方の説明をじっと聞いています。「ヤンバルクイナの事故は、どうして起こるのでしょう?」の質問に、北国小が手を挙げ、「雨降りの後に多いです」。環境省の方は、「そうです。雨降りの後が多いですね」と、詳しく理由を説明して下さいました。奥の売店には、沖縄県立図書館があります。H28年後半頃から実施している「売店移動図書館」です。これには、校長もびっくり。ナイスアイディア!地域がリクエストした本は郵便で移動してくるそうです。



 


 


ゴールデンウィーク お知らせ


はじめまして、辺戸岬大石林山のふもと、北国(きたくに)小学校にいる やぎのうっしーです。 5月3日から5月7日のゴールデンウィークの間、手作りこいのぼりを展示しています。こいのぼりには、全児童5名の子ども達の「夢」が書かれています。見にきて下さいね。よろしければ、夢を書いた手作りこいのぼり(1mくらいまで)の展示に参加しませんか?願いごとと言うよりも、自分がつかみたい将来です。ひそかに思っている将来の仕事でもいいです。「夢の仕事」を展示して、ぜひ、夢をつかんでほしいと企画しました。手作りこいのぼりは、校庭に飾ります。うっしーの朝ごはんタイムの9:00~11:00にいらして下さると助かります。 午後は、隣の奥小学校こいのぼり祭りをおすすめいたします。山々の緑と風になびくこいのぼりは最高です。うっしーのランチタイムは、午後3時までです。えさをくれる子がきてくれると嬉しいです。ちなみにうっしーは、草だけ食べるので、小屋周辺の草で十分です。なぜ、うっしーという名前なのか知りたい方は、北国小HPを見るか、実際に来て下さい。やんばるクイナの鳴き声も聞けます。宜名真では、ぐるくん釣りもできます。べのきダム公園は、穴場です。北国小まわりで東村に向かうと東村に早く着くかもしれません。      5月4日午前中は、体育館でミニバスケットボールもします。うっしーは、シュートが うめ~です。


北国小 やぎのうっしーより



 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


こいのぼり・・・夢をつかむ

4月25日  こいのぼり集会                                       子ども達5名の夢、職員の夢、とてもステキな夢ばかりです。子ども達の夢は「テニスプレイヤー」「ケーキ屋さん」「ユンボを運転」「獣医」「お金持ち」などで、しっかりつかめそうです。先生方は、「笑顔」「健康」など、願いもありました。校長先生は「みんなで表彰を受けにいく」です。音楽やスポーツなんでもチャレンジしてつかみたいですね。



春の遠足                                                   慣れない多人数でもすぐに仲良くなった子ども達。国頭村48名の子ども達は、緊張のゲームを楽しみ、自然の水に触れ、ほんとに貴重な体験をしました。



PTA歓迎会                                                 地域の方々が公民館に集まり、歓迎会が開かれました。子ども達の出し物は「ヤッホー」の声出しと、小夏さんの舞踊!みごとな踊りに地域の皆さん、感動でした。



 


読み聞かせ・クイナ調査他・・・きづくこと

平成29年4月。金城明美校長、新しい先生方を含め8名の職員になった北国小。5名の子供達も生き生き頑張っています。



佐手小学校での集合学習は、算数を中心に各学年に分かれて行われます。1年生は、ものと数の一致を学習。絵の風船がブロックでいくつになるか考え合いました。ちょっと離して並べたブロックについて問うと「合わせて5」「離れているけど数えたら5」「全部で5」など、算数の言葉に触れることができました。 5年生も3名で「学び合い」です。「小夏さんはどう思う?」と、話し合っていきます。算数「整数と小数」は、どんなしくみになっているか考え合い、それぞれの考えを発表し、お互いの考えを認め合いました。多様な考えに触れるっていいですね。



北国小は、毎朝、ジョギングをしますが、1・2年生は、1~2周走って喜んでまた走ります。上級生は3~4周走りながら、息を弾ませています。走った後は、山に向かって「やっほ~」と声出しをします。


給食は、感謝して残さず頂くよう頑張っていますが、1年生は上級生が食べる早さに驚いています。




 


毎週金曜日の朝:読み聞かせの後にきづいたことを話す!


今年度、最初の朝の読み聞かせ後、感想を発表しました。あらすじを話している子供達に、「不思議だなと思ったことは?」と問いかけると低学年から楽しい発見が飛び出しました。第2回目「あひるのアレックス」の読み聞かせ後も、子供達に問いかけてみると「練習していたらきっと飛べるはず」「なぜ、あひるは飛べないのかな」「大きくなっているのに飛べないのはなぜだろう」と、さらに楽しい発見が飛び出してきました。



 


環境省とタイアップしたヤンバルクイナの鳴き返し調査では、「鳴きが少なくなった場所があるが、クイナが近くで鳴き返してくれたのでよかった」と、昨年との違いを踏まえた4年生の振り返りに、大人の方々はうなずいて関心しきりでした。



きづきの言葉がどんどん出てくる北国っ子は、バスケットボールも楽しんでいます。交通安全の学習もしっかり学んでいますよ。




新緑!入学式

新聞52017年4月7日(金)平成29年度 入学式                                 新緑が輝いています。北国小学校に新一年生が1名入学しました。3年ぶりのお祝い行事に地域の皆さんもかけつけて下さいました。転入生2名を含め、計5名。新しい先生方もやってきました。




去った3月、新聞のトピックに「北国小 転入生くる!」と、児童1名から2名になったことが話題になりました。4月は、5名と5倍に増え、正門から上級生を先頭に並んで登校しています。


 



 


 


離任式

3月17日(金)の4校時、離任式を行いました。お世話になった先生方に、児童からお礼の手紙と北国農園で育てた花束代わりの「キャベツ」(^_^)がプレゼントされました。異動される先生方、お疲れさまでした。